胃腸虚弱に効果的な漢方を服用し全身にエネルギーを行き渡らせて不妊を改善

食が細く体力がない、いつも疲れやすくその疲れがなかなか取れない、下痢や便秘などを繰り返してしまう、貧血気味である、といったような胃腸虚弱の体質というのは、不妊の状態の原因となっているかも知れません。 胃腸虚弱を治す漢方を服用したとしても、直接的に不妊治療にはならないのでは?と思われる方も多いかもしれませんが、胃腸というのは全身に送るエネルギーを作るための非常に重要な部位なのです。 また、胃腸虚弱によって身体が冷えやすくなり、不妊になってしまうということも考えられます。身体の冷えというのは、妊娠を望む方にとっては大敵です。 そのためまずは、胃腸虚弱を改善する漢方をオススメしたいのです。 全身のバランス・リズムを整えていくことが妊娠率の向上につながります。

「栄養をエネルギーに変える部位」

胃腸というのは、口から入った食べ物の栄養をエネルギーに変えて吸収する部位です。 胃腸虚弱のためにまずあまり食べ物が食べられないということも御座いますし、必要な栄養を吸収することができずに体調不良を起こしてしまうということもあるのです。 不妊を改善するためにはやはり全身の健康を保つことが大切です。 漢方によって胃腸虚弱を改善し、しっかりと食事を摂れるようにして、そしてそのエネルギーを全身に行き渡らせることが健康な身体づくりへの第一歩となります。

「脾を整える大切さ」

漢方では、胃腸は栄養を取り入れてエネルギーに変えるという身体の基本を「脾」と言います。 この「脾」のバランスが整うことによって全身の調子が良くなっていくのです。 もちろん子宮や卵巣など、妊娠にとって必要な部位にもしっかりと栄養がいきますので、妊娠しやすい状態になると考えられます。 内臓機能が低下してしまいますと、子宮や卵巣の働き・環境も悪くなってしまい、赤ちゃんを迎え入れることができません。 胃腸虚弱の体質を持ち、不妊症でお悩みの方は、まずは漢方にて「脾」のバランスを立て直していく必要があると言えます。

ページの先頭へ