不妊治療中の飲み過ぎは注意して漢方を使って胃腸をいたわりましょう

不妊治療されている方は、できるだけ妊娠率を高めるために食べ物や飲み物にも気を使っている方が多いかと思います。 気になるものの一つとして「アルコール」が挙げられます。 お酒を飲むことで直接的に妊娠率が下がってしまうかといえばそうではありません。 しかし、アルコールを分解できる能力というのは人によって異なりますので適量を飲む分には問題ありませんが、飲み過ぎて泥酔してしまうほどの生活が続いたり、ビールなど身体を冷やす作用があるお酒をたくさん飲むということは、不妊治療をされている方にはあまり良いことだとは言えません。 健康のためには治療をされている方でも、そうではない方であっても、適量を心がけて飲み過ぎないようにすることは大切です。 飲み過ぎてしまって体調が悪い、というときに効果的な漢方も御座いますので、上手に活用するようにしてください。

「ホルモンバランスの乱れを引き起こしてしまいます」

不妊治療されている時にお酒を飲み過ぎてしまうことのデメリットというと、まずはホルモンバランスの乱れが挙げられます。 これは女性だけではなく、男性にも気をつけていただきたいことなのです。 飲み過ぎてしまうことによって身体の中の男性ホルモンが増えると言われております。 そのため女性かお酒を飲み過ぎることによって、大切な女性ホルモンの分泌が抑制されてしまうことが考えられるのです。 これは男性の精子にも悪影響を及ぼすため、男女共に飲み過ぎは気をつけていただきたいと思います。 ホルモンバランスを調整する効果のある漢方を摂取することも効果的です。

「服用中のお薬や漢方との関係性」

どのようなお薬であっても、注意書きに服用中はアルコールを控えるようにしてください。と示されていることが多いのですが、これは不妊治療に使用されるピルやホルモン剤、漢方でも同様です。 お酒を飲み過ぎてしまうことによって効果が悪くなってしまったり、逆に効果が出過ぎてしまうということもあるのです。 不妊治療中にはまったくお酒を飲んではいけないということではないのですが、適量を心がけるようにしてください。

ページの先頭へ